予防歯科

なぜ予防歯科が必要か?

photo01

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。

小さなお子様であれば、予防歯科により、むし歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たなむし歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを予防することができます。

残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、むし歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。

正しいセルフケアに加え、定期的な予防歯科があなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てます。

PMTCによる予防 ~歯のエステでツルツルの美しい歯に~

毎日きちんと磨いてるつもりでもどうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所がでてきてしまい完璧に落とすことはできません。

この部分のクリーニングを歯科衛生士が専用の器械と特殊ペーストを用いて、徹底したお掃除を行うのがPMTCです。

PMTCには

  • むし歯予防や歯周病の予防や改善
  • バイオフィルムの破棄、歯質の強化
  • 歯の着色を除去
  • 光沢のあるきれいな歯を保つ
  • 口臭予防

などの効果があります。

PMTCの手順

STEP1 治療計画

歯の染め出し検査などを行い、お口の中を診査して、現在のお口の状態を説明し、今後の治療方針をご相談します。

STEP2 歯石除去

専用の器具を使って歯石を細部までとります。

STEP3 着色除去

着色除去

重炭酸ナトリウム塩を専用の器具から吹き出して、歯の表面のヤニや茶渋などの着色をとります。

STEP4 研磨

研磨

専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。

STEP5 フッ素塗布

フッ素塗布

仕上げに、口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。

STEP6 ホームケア

最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の予防歯科について話し合います。

3-MIX法による予防 ~3種類の抗菌剤を使ってバイ菌を殺す治療法~

3-MIX

むし歯に侵された部分を最小限削ったあとに、安全な3種類の抗菌剤を混ぜて作った薬をぬります。

こうすることで周りのむし歯に侵された疑いのある部分や神経のバイ菌を殺し、歯や神経を守ります。

フッ素塗布による予防

フッ素塗布

フッ素化物のむし歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによってむし歯の予防をはかるという方法です。

フッ素には歯質を強化する効果があるので、歯の表面に高濃度フッ素を塗ることで、むし歯に対して抵抗力のある歯質をつくります。毎日のブラッシングと組み合わせることで効果があります。

シーラントによる予防

シーラント

むし歯になりかけた歯、あるいはむし歯になりそうな歯の溝に、あらかじめレジン(プラスチック)を詰め、むし歯を予防する方法です。シーラントを行ったからといって完全にむし歯にならないわけではありません。

歯と歯の間に出きるむし歯には効果がありませんので、フッ素塗布や糸ようじ(デンタルフロス)の使用をお勧めします。磨耗や噛み合せなどの様々な状況によりシーラントがとれてしまうことがあります。

年に2~3回程度、定期健診とあわせてご来院されることをお勧めします。